So-net無料ブログ作成

[翻訳] DSP-カラの3人の合意点を探して、5人のカラが活動! "追って再協議の予定" [語学学習記録]

201101272344061001_1.jpg

DSP-カラの3人の合意点を探して、5人のカラが活動! "追って再協議の予定"

"5人のカラ"が一緒に行動する。スケジュールを責任感を持って完遂することに決定した。

1月27日午後、カラの3人側とDSP関係者が午後3時から9時まで江南某所で6時間の長い会合を持った結果、両サイドとも"5人のカラが一緒に行動する"に合意することになった。

この日の会合ではカラの3メンバーの両親と、その法律代理人と、DSP所属会社代表などが席を共にした。8日ぶりに初めて作られた交渉テーブルでは、去る19日カラの3人(ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨン)が所属会社のDSPに専属契約解約通知以後に出てきた論点と両サイドの要求事項について具体的に論議した。

カラの3人側は、「私たちは2種類の合意点を見出した。一つはスケジュールを完遂するために両サイドともに協力すること、もう一つは"5人のカラ"が継続して活動するということ、この二つには両サイドとも同意した」と述べた。

カラの3人側は、「それぞれの立場からたくさんの話をし、相手方の立場からお互いを理解できた席だったことは確実だ。しかし本日議論した内容は、両サイドが公式に合意する前までは口を閉じることにした」と述べた。

続いて、「今日は大原則だけ合意し、そのうちにまた会って再協議する予定だ」と付け加えた。

[ニュースエン キム・ヒョンウ記者]

カン・ジヨンの父、カラの存続について口を開く"解散はない"

カラ問題についてカン・ジヨンの父が口を開いた。

カン・ジヨンの父は1月27日に放送されたSBS"一夜のTV芸能"(以下一夜)でカン・ジヨンの近況と心境を明らかにした。

この日、カン・ジヨンの父は弁護士と長時間の対話を終えた後、"一夜"のカメラと出くわした。カン・ジヨンの父は、カラ問題の進行過程とメンバーの近況を尋ねた質問に、「(カラは)解散しないでずっとやって行く。遅かれ早かれわかること」と、短い言葉だけ残し、そのまま席を離れた。

一方、DSPとカラの3人(ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨン)は27日の協議を通して、日本で契約したドラマとCMなどの日程を再開することに合意した。所属会社への残留については今後の追加議論を経て決定することにした。

[ニュースエン チョン・ウォン記者]

☆☆☆☆☆
最悪の事態は避けられそうでよかった感じ。

タグ:カラ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。